トレティヴァ通販|ジェネリック医薬品が安いワケ

トレティヴァはアキュテインのジェネリック医薬品にあたります。
ジェネリック医薬品は、すでに新薬で開発された成分を使うため、開発費用や研究費用がかかっていません。効果効能そのままに、安価で販売できる仕組みはこのため。

さらにもっと詳しく、ジェネリック医薬品についてご紹介します。

トレティヴァの新薬はアキュテイン!ジェネリック医薬品とは?

ドクターが薬を紹介している様子
アキュテインは「イソトレチノイン」を有効成分に使い、中度~重度のニキビ治療薬に使われている、有名な先発薬です。

通常、新薬を開発するには、およそ20年前後の歳月や、数百億~数千億円もの膨大な費用がかかっています。そのため、販売価格がジェネリック医薬品よりも高くなってしまうのです。

また先発薬は、開発した製薬会社が独占的に製造と販売できる「特許」を申請することができます。その期間は約20~25年前後。特許期間が終了すると、他の製薬会社が同じ有効成分を使い、製造と販売されるのが後発薬である、ジェネリック医薬品というわけ。

【ジェネリック医薬品】効果効能や安全性は大丈夫?

先発薬とジェネリック医薬品の効果や安全性は、ほぼ同等です。
日本の厚生労働省ホームページにも記されていますが、新薬開発時点ですでにたくさんの検査や研究、効果、副作用が調べられています。同じ有効成分を使っているため、効果効能そのままに、さらに安全
さらにジェネリックであっても実際の医療現場で使われる「医療用医薬品」です。そのため、販売までには厳しい審査があるのです。

ジェネリック医薬品を使うメリットとは?

じつは、ジェネリック医薬品は、後発薬だからこそのメリットが。
それは新薬よりも飲みやすい形状や大きさに改善されていることが多いということです。新薬を開発する製薬会社も、他社と差別化を図るために沢山の工夫を凝らしています

「錠剤が苦手」そんな方にも、小さく改良された錠剤や粉錠になっているなど、選択肢が広がるのもうれしいメリット。さらに、金額面でも以下のように負担が軽くなります。

・自己負担額の軽減
・医療費の削減

 
通常、病院でお薬を支払うときは保険料を除いた金額は、自己負担になります。ジェネリックは新薬より3/1もしくは2倍もコストが抑えられるため、支払う金額が安くすむのです。
さらに国の医療費削減にも繋がり、一石二鳥というワケ

皮膚科や美容皮膚科はナゼ高い?

トレティヴァは日本では未認可のお薬のひとつです。
個人輸入代行で通販することも可能ですが、皮膚科や美容皮膚科でも処方を出しているケースも。
しかしこの場合、ほとんどが保険適用外にあたり、通販サイトで購入するより高くなることが多いのです。懸念される副作用もあるため、不安な方は一度病院へ受診し、次月分からは通販購入するなど、支出を減らす方法もアリ。

通販(個人輸入代行)で購入 病院での処方
1ヵ月分 約4,000円前後 約18,000円
3ヵ月分 約12,000円前後 約54,000円

まとめ

「新薬」と「ジェネリック医薬品」の関係はいかがでしたか?
ジェネリック医薬品は、新薬と同じ有効成分を使っているから、効果効能や安全性も同等です。
製薬会社によっては飲みやすく改良されているため、さまざまな形状から選べることは嬉しいメリットのひとつ。さらに、自己負担額の軽減や医療費削減も

ジェネリック医薬品でお得にニキビ治療


PAGE TOP