BumbleBEEs homeへ 足跡を残してくださいね。 miwakoへのmail BumbleBEEs homeへ  気に入っていただけたらぽちっと拍手を 
about this site * site map * おねがい
 back to previous page

WorldLingo

 >>top >>tips&facts  >>糸の処理

オフルームの糸の処理
オフルーム(off-loom)ステッチで編む際の、糸のつなぎ方や、つなぎ目の糸、編み終わりの糸の処理方法をまとめました。


糸で編んだ場合、作品を使用しているうちに処理した糸が緩んできて、糸の端が飛び出してきてしまう、なんてトラブルが起こりやすくはないですか?糸が柔らかいからとか、小さいシードビーズをメインに使うから、なのでしょうかね。


糸の処理の仕方はおそらく人によって違うと思いますが、ここでは、わたしがやっている方法をご紹介します。

糸の処理方法は、作品のデサインや編んでいる編み目、すなわち、ビーズの並び具合などによって変わりますが、共通するポイントは以下の通りです。

  • 糸の残りが15cm程度になったら新しい糸をつなぐ

  • 短くなりすぎる前に無理せず新しい糸に切り替えましょう。針の長さが5、6cmありますので、あまり短い糸では処理できなくます。

  • 結び目に重さがかからない場合は結び目の小さいsquare knot、重さがかかる場合はより強いsurgeon's knotで結ぶ

  • 作品のデサインにより変えます。
    どちらの結び方も、1度目に右手側を上に重ねたら、2度目は左手側を上に重ねて結び目をつくります。
    surgeon's knotはsquare knotよりも1回(か2回)多く巻きつけます。
    結び方は右図を参照してください。

  • 結び目や余った糸の処理は新しい糸で数段編んでから行う

  • 編みながら結び目の隣にあるビーズを拾うときに、すでに結び目がビーズの中にあると、針が通らなくなったり、編まれた糸をひっかけやすくなります。
    わたしは、作品全体を編み終えるまで処理せず残しておいて、最後にまとめて行ったりもします。これは気分の問題ですが。

  • 結び目をつくる、糸を切る、という作業は、裏表のある作品の場合作品の裏面で行う

  • 編み進みながら処理するポイントで針を裏面に出します。
    ただ、これについてはロープなどではちょっと無理ですね。

  • 最後は接着剤で処理

  • これで糸が飛び出すトラブルは防げると思います。
    針先から細く出るタイプの接着剤がお薦めです。
square knot


surgeon's knot
【ビーズがぎっしり並んだ編み目の場合】

ビーズがぎっしり並んでいる場合に糸をつなぐ時には、元の糸と新しい糸をそれぞれ15cmほど残してsquare knotなどで結びます。
新しい糸に針をつけてさらに数段編んでから、残した糸に針をつけて結び目を隣のビーズの穴に隠します。
糸を編み目に数cm通します。
2本の糸は反対方向に通します。
糸の根元に接着剤を軽くのせてから、さらにビーズ数個に通して、余った糸を短く切ります。


つなぎ方peyote stitchなどびっしり並んだ編み目を編むとき、とくに重さがかからないデザインの時などは、つなぎ目を結ばなくても大丈夫なんですよ。

編まれたビーズをできるだけジグザグに数cm通って、元の糸が出ているビーズから同じ方向に糸を出し、新たに編みつづけます。
初めはあまり引っ張らないように編みますが、しばらく編めば引っ張っても抜けなくなります。
数段編んでから上記と同様に残した糸を編み目に隠して処理します。

結び目を作らない方が仕上りが綺麗なので、この方法はデザインによってはわたしはよくやります。


編み終わりの糸の処理も同様に編み目に糸を隠しますが、ちょっと長めに戻りましょう。
最後に接着剤を使い、余った糸を切ります。
【ビーズの間隔が開いている場合】
<例>
chevron stitch
spiral rope
netting
etc...

half-hitch knot間隔の開いた編み目では、結んでから糸を編み目に通すだけではちょっと頼りないですね。
こんな時は、Half-hitch knotを使います。

やはり元の糸が短くなったら、それぞれ端を15cmほど残してsquare knotなどで結び、新しい糸で編み進みます。
しばらく新しい編み目を編んでから、残した糸に針をつけて、結び目を隣のビーズの穴に隠します。
糸を編み目のビーズ数個に通し、ビーズとビーズの間で右図のようなHalf-hitch knotを作ります。

右図のように、ループを作り、編み目の糸をまたいで、作ったループの中に糸を通し、締めます。ちゃんとビーズとビーズの間に結び目が収まるように、そっと、きつく締めてください。

さらに編み目のビーズ数個に糸を通してから、Half-hitch knotを作ります。
これをあと2回くらい繰り返し、糸の根元に接着剤をつけてから、ビーズ数個に通して余った糸を短く切ります。
もう一本の糸は反対方向に同様に処理します。


編み終わりの糸の処理も同様に、Half-hitch knotを数回作りながら、編み目に糸を隠します。
最後に接着剤を使い、余った糸を切ります。
[Sep./25/2005]









Gallery&Recipes * Tips&Facts * Bead Work Basics * Blog * Links * Guestbook
当サイトにおけるすべてのコンテンツ、画像そのたの
無断複製、無断転載を禁止します。
Copyright(C) 2003-2007 Bumble BEEs All Rights Reserved
Google
Web bumblebees