BumbleBEEs homeへ 足跡を残してくださいね。 miwakoへのmail BumbleBEEs homeへ  気に入っていただけたらぽちっと拍手を 
about this site * site map * おねがい
 back to previous page

WorldLingo

 >>top  >>bead work basics  >>howto

howto


* ジャンプリングの使い方

穴の開いた部分を上にして一方を写真のようにペンチでやさしく挟んで固定し、もう一方を別のペンチまたはヤットコで挟んで開閉します。
指にはめて使う開閉用ツールを使う方法もあります。
ジャンプリングの開閉は必ず写真の矢印の方向(縦方向)にします。
横方向に開閉すると、ジャンプリングの強度が低下します。
、、とはいってもジャンプリングを自然に閉めたときに、隙間が出来てる事ありますよね。わたしはそれが気に入らないので、傷などつかないよう細心の注意を払いながら、広めのペンチで挟んで閉めてます。
jumpring1
jumpring2
* ピンを丸める
>>ピンを丸める(Tips&Facts)
* qピンでつなぐ
qピンにビーズを通して丸めてから、ジャンプリングを開くときと同じ方向にループを開き、別のピンのループを通して閉じます。これを次々つなげていくと、qピンのチェーンになります。
* クロスする
テグスなどで編むときに、右側のテグスをビーズの右から、左側のテグスを左から通すことを「クロスする」あるいは、「交差する」といいます。
テグス編みと言ったらこれが全て、と言っては言い過ぎでしょうか?
ビーズの穴の中で左右のテグスがクロスします。
クロスする
* 編み戻る
編んできた編み目に沿って戻りながら編むことです。
テグスを結んだ後などは、必ず数センチ「編み戻って」からテグスを切ります。
しっかり「編み戻る」ことで、強度も得られ、また、作品の見た目もきれいに仕上ります。
本来テグスが通っていないところを通るなどして、編み目を編みとばしたりすると、きれいに仕上りません。
編み戻る
* ビーズを拾う
すでに編んだビーズにテグスを通しながら編むことです。モチーフを編むときや編み目を何段にも重ねる時によくする手法です。
BumbleBEEsのレシピでは、新しいビーズにテグスを通すときは「通す」と書き、すでに編まれたビーズにテグスを通すときは「拾う」としています。
ビーズを拾う
* 出会い頭に結ぶ
編み終わりのテグスを処理するときに行う方法です。
クロスしたビーズの隣などをめざして、編み目を編み戻り、隣合うビーズから向かい合わせにテグスを出します。
必ずテグスの先が反対方向を向くようにしましょう。
テグスを出したら、かた結び(square knot)で結びます。かた結びは図の右側です。一度目に右手側を上に重ねたら、2度目は左手側を上に、と考えながら結ぶと、きっと間違えることはないと思います。
結びめは隣のビーズの中に隠しましょう。(シードビーズなどでは隠せない場合もあります。)
このあとそれぞれのテグスは編み目の中を数センチ以上編み戻ります。場合によっては全面編み戻ってもよいでしょう。
そして、結び目に接着剤をつけ、あまったテグスを短く切りましょう。
出会い頭に結ぶ


* * * * * PR * * * * *
初めてでも簡単に
アクセサリーを作れる本
ヴィンテージビーズや
パーツが豊富「Julian」
ビーズと
アクセサリパーツ専門店
「ストロビーズ」





Gallery&Recipes * Tips&Facts * Bead Work Basics * Blog * Links * Guestbook
当サイトにおけるすべてのコンテンツ、画像そのたの
無断複製、無断転載を禁止します。
Copyright(C) 2003-2007 Bumble BEEs All Rights Reserved
Google
Web bumblebees